内臓脂肪レベル


スポンサードリンク

内臓脂肪レベルの標準値をチェック!

内臓脂肪レベルの標準値について紹介します。

 

体組成計で内臓脂肪を検査できる内臓脂肪レベルというのがあります。

 

体内に蓄積された内臓脂肪を、腹部でCTを撮って、特殊な装置で測定して数値を割り出すことができます。

 

内臓脂肪レベルは、内臓脂肪の割合を測定するための数値です。

 

内臓脂肪レベル1の値は、およそ脂肪面積10平方cmに相当します。

 

標準の内臓脂肪レベルは、1〜9の値です。

 

レベル9を超えてしまうと少し注意しないといけない程度です。

 

レベルが高くなればなるほど、内臓脂肪面積が大きいということを表します。つまり、低い値の方が健康体型だといえます。

 

レベル1〜9までは標準、レベル10〜14は要注意、レベル15以上は危険信号です。

 

内臓脂肪レベルが10以上の数値であるなら、メタボリックシンドロームの可能性が高くなり、いわゆる生活習慣病である可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

最近では、自宅で内臓脂肪レベルを簡単に検査できる計測器が販売されています。

 

興味があるなら、家電量販店などで購入してみてはどうでしょうか?

 

以上、内臓脂肪レベルの標準値についてでした。

 

 

 

 


スポンサードリンク