内臓脂肪の原因


スポンサードリンク

内臓脂肪が増える原因とは・・・

内臓脂肪が増える原因について紹介します。

 

内臓脂肪が増える原因としては、大きく分類して

 

1)脂肪分の多い食事の摂り過ぎ

 

2)運動不足

 

3)代謝の悪化

 

です。

 

 

 

 

 

脂肪は生きている上で必要なエネルギーを生成したり、感染症や心疾患などから体を守る重要な栄養素の一つです。

 

基本的に、人間が動いたりするときにエネルギー源として使われます。

 

しかし脂肪分を摂取した後、何も運動しないままでいると、血液中に溜まり脂肪分が増加します。

 

そんな、脂肪が血液中に含まれている状態でいると、余分な脂肪が内臓へと蓄積され続け、内臓脂肪が出来上がります。

 

 

 

 

 

 

食事以外にもいくつか原因が考えられます。

 

過剰にエネルギーを摂取しても太らず、内臓脂肪が蓄積されにくい体質の方も存在します。

 

遺伝子がその要因です。他には交通機関の発達やデスクワークの仕事が増えてきました。

 

さらに日常生活で体を動かす機会もどんどん減り、運動不足になったことも内臓脂肪が増える原因の一つです。

 

現代社会におけるストレスの増加も関係していると推測されます。

 

これらの原因を取り除いて健康な身体を取り戻しましょう!

 

以上、内臓脂肪が増える原因についてでした。

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

内臓脂肪の原因を解明する
日常生活において脂肪分の多い食事を摂取する機会が増えたことが主な原因です。その結果、体内の内臓周辺に脂肪が過剰に摂取され、内臓脂肪として蓄積されます。