内臓脂肪に有効な食べ物


スポンサードリンク

内臓脂肪を減らす食べ物

内臓脂肪を減らす食べ物を紹介します。

 

内臓脂肪値が高い状態というのは、肝臓が中性脂肪を作り過ぎている状態です。

 

内臓脂肪は脂肪細胞に貯蓄され、体脂肪が増加します。

 

それでは内臓脂肪をどうやって下げればいいのでしょうか?

 

食生活の改善や適度な運動、特定保健用食品、サプリメントなど・・・最終的には医師に処方された薬の服用などとなってきます。

 

健康のために内臓脂肪値を下げたい場合、やはり食事の改善適度な運動が大切です。

 

自分自身の生活習慣をもう一度見直し、内臓脂肪が増えすぎる前に対処することが、効果的かつ健康的な方法です。

 

 

 

 

 

 

<食材選びのヒント>

 

 

1)主食

 

食物繊維を一度に多くとれる玄米の食物繊維は100g当たり1.4gと主食の中では豊富です。

 

食べにくい人は白米に交ぜて炊くのもおすすめです。白米と交ぜる場合は玄米を洗いすぎないように注意してください。

 

 

 

2)主菜

 

ダイエット中のたんばく源は白身魚が最適です。

 

魚の中でもタラは脂肪分が低い白身魚で、消化・吸収もよいので、減豊中には重宝します。

 

また、ダイエット中はタラ以外にも白身魚を積極的に摂りましょう。

 

タラのほか、ヒラメやカレイなども青背魚より脂質が低めです。

 

 

 

3)副菜

 

低エネルギーで食物繊維が豊富なきのこ類は、しめじをはじめ老廃物を排出する食物繊維が豊富な食べ物です。

 

生活習慣病を予防する働きも期待できます。

 

 

 

4)その他

 

寒天やところてんを料理や間食にところてんの原料テングサにはカリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富な食べ物です。

 

食物繊維も多く含まれているので、料理や間食に活用したい食品です。

 

 

 

 

 

 

さらに、お茶に含まれるカテキンには、内臓脂肪を減らす働きが確認されています。

 

お茶には腸内環境をしっかりと整えたり、脂肪の吸収をおさえたり、血圧を一定に保つ、さらには活性酸素の発生を抑えたり、コレステロールの上昇を抑えるなどのすぐれた働きがあります。

 

毎日の食事の時間や、休憩時間にはなるべくお茶を飲むようにすることも内蔵脂肪を減らすためには効果があります。

 

 

以上、内臓脂肪を減らす食べ物についてでした。

 

 

 

 


スポンサードリンク