内臓脂肪の落とし方


スポンサードリンク

内臓脂肪の落とし方で大切なこと

内臓脂肪落とし方で大切なことを紹介します。

 

メタボリックシンドロームが注目されている時代ですが、既にメタボであることを告げられた方も、その予備軍の方も、内臓脂肪の落とし方には関心がありますよね?

 

内臓脂肪が増加すると、様々なリスクを抱えることになります。

 

内臓脂肪の蓄積は、肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病など、死に直結するような重大な症状を引き起こす恐れがあるので、可能な限り早く落とす必要があります。

 

内臓脂肪の落とし方とは、どうするのが効率が良く、健康的なのか気になると思います。

 

毎日体重を量り、何を食べたかノートに書く習慣をつけると食事を減らす気になるので、まずは試してみてください。

 

また内臓脂肪を減らす効果がある食材もあるので、毎日の食事に取り入れましょう。

 

豆鼓(トウチ)エキス、青魚に含まれるEPA、DHA(魚油)、キトサン 、ビタミンA・B1・B2・C・E、カプサイシン(トウガラシ)、 カフェイン、ポリフェノールなどが代表的です。

 

また血中のカルシウムが不足すると脂肪が付きやすいという調査結果も発表されているので、カルシウムもしっかりと摂取する事も有効だと考えられます。

 

 

 

 

 

 

内臓脂肪の落とし方は簡単で、毎日たった30分〜60分の有酸素運動によって落とせるのですが、1時間すら時間が取れない方もいるかもしれません。

 

時間が無い方でも意識するだけで内臓脂肪は落とせます。

 

あなたも一度試してみてください。

 

まず通勤途中の電車の中やバスの中で腕や腹に常に力を入れて筋肉を緊張させましょう。

 

歩くときも大きく腕を振って、大きな歩幅で、エレベーターやエスカレータは使わない、座席に座らない、マイカー通勤なら、電車かバス通勤にするなど、通勤時間で自分が今まで楽をしてきた事と全く逆のことをしてください。

 

電車通勤なら、駅を行きも帰りも1〜2駅遠い駅で乗り降りするだけで、ウォーキングが簡単に実行できます。

 

しかも電車代も浮くので、電車代の節約になるなんて一石二鳥です^^

 

普段の生活の中で、いつもおなかに力を入れることで、内臓脂肪が燃焼されます。

 

以上、内臓脂肪の落とし方についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

内臓脂肪の落とし方を学ぼう!
基本的な内臓脂肪の落とし方は、食事療法と運動療法をあわせて実施することです。食事事療法における内臓脂肪の落とし方は、、まず、早食いを抑えることです。