内臓脂肪の落とし方!


スポンサードリンク


内臓脂肪とは、一般的に腹筋の内側についている脂肪のことを指します。

内臓脂肪がついてしまう主な原因としては、過食運動不足によるものが大半を占めています。

具体的には、朝食を食べずにいたり、夜遅くにカロリーの高い食べ物や脂肪分の多い食事をするなどの食生活の乱れによって内臓脂肪が形成されていきます。

朝食を抜くことによって、その分昼食やおやつ(間食)をたくさん食べてしまいがちになるためです。

そして夜遅くに食事をすれば、消化と燃焼がうまく行われず、いつも以上に脂肪が蓄積することになってしまいます。





基本的にからだの脂肪は「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2種類に分類することができます。

皮下脂肪とは、皮膚の下に蓄えられた脂肪のことを指します。

皮下脂肪はエネルギーの貯蔵や身体の保温などのために重要な働きをしています。



一方、内臓脂肪とは胃や腸のまわりに付く脂肪のことを指します。 

内臓脂肪は年齢が増すにつれて徐々に増加しやすくなり、特に女性の方は更年期が過ぎる頃から増加する傾向があります。

また、糖質の過剰な摂取や日ごろの運動不足によっても内臓脂肪は増えてしまう傾向があります。 

内臓脂肪は皮下脂肪と比較して、新陳代謝がとても活発です。

そのため、簡単に血液中に溶け出すために、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病の発症に強く関連があるそうです。 





一般的に内臓脂肪型肥満のリスクが高い人は、女性より男性に多いという統計結果が出ています。

年齢的には中年以降に増えていて、女性も閉経後には増加するため、最近ではホルモンとの関わりもあると考えられます。

しかし、食事や運動などの生活習慣が、より深く関わっていることは確かな事実です。

原因の1つとして考えられるのが、炭水化物、もしくは脂質の摂り過ぎです。

炭水化物は、主に唾液やすい液に含まれるアミラーゼという酵素によって分解されます。

そして糖質の基本成分であるブドウ糖になり、小腸から吸収されます。

それらの多くは、血液中に配達されてエネルギー源として使用されることになります。

一方、使用されずに残ったブドウ糖は、肝臓や筋肉に取り込まれて、グリコーゲンに合成されて体内に蓄えられます。






また、メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積が原因です。

内臓脂肪の蓄積により、高血圧症や高脂血症、糖尿病などのさまざまな生活習慣病を引き起こすケースがあり、「内臓脂肪症候群」と呼ばれる事もあります。

健康と美容のためにも、食べ過ぎの注意適度な運動をするように心がけて内臓脂肪があまり蓄積しないように日頃から十分に努力することが大切です。





中性脂肪を減らす秘密とは…?!


しっかりと内臓脂肪について勉強して健康な身体を維持してくださいね!




スポンサードリンク